ミュージックエイティー

とある楽譜出版社員がこっそり綴る吹奏楽ブログ
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月

PPAPを超えた話題曲『TT/TWICE』が吹奏楽譜に!

TT.jpg


“TTポーズ”が話題となった韓国の女性グループ・TWICEの『TT』がついに吹奏楽で登場しました!

昨年世界中で大きなブームを巻き起こした『PPAP/ピコ太郎』のYouTube視聴回数が1.24億回であるのに対し、『TT』の視聴回数はなんと2.59億回。(9/16現在)

吹奏楽でも、発売前から予約が殺到する人気曲です。

ダンサブルでノリのいい曲なので、演奏会のアンコールなどにもオススメです♪


★ミュージックエイト
QH 1641 TT/TWICE
編曲者:本澤なおゆき
キー : Bb
グレード : 3
演奏時間 : 3分30秒
価格:3,888円 (税込)
ソロ:Euph. 5小節 / Ob. 4小節



★ウィンズスコア
WSJ-17-028 TT/TWICE
編曲者:郷間幹男
キー : Fm
グレード :B
演奏時間 : 2分20秒
価格:4,320円 (税込)
ソロ:Ob. / Cl.(soli)








↑『TT 吹奏楽』検索結果にリンク

一周年

「今日もお昼寝日和…♪」
cat915.jpg


「おや?そういえば今日って…」
cat9152.jpg


「9月14日だ!」
cat9153.jpg


と、いうわけで。

このブログを開設してから今日でちょうど1年になりました。

あっという間の1年でした。


最近は仕事でもプライペートでもやることが尽きなくて、1日が本当にあっという間に過ぎていってしまいます。

気づけば平日も土日も、ずっと楽譜と向き合っているような・・・(^^;)


なかなかブログを書く時間もとれないので、これを機に閉鎖するか、放置するか…なんて考えていましたが、せっかく続けたのでもう1年…とも思ったり(笑)

気まぐれなブログなので今後どうなるかは分かりませんが、ともかく1年間ありがとうございました。

ここまで続けてこれたのは、読んでくださる方々のおかげです。
心より感謝申し上げます!

100均で見つけた課題曲『プロヴァンスの風』

provence3.jpg

会社の防音室の壁につけてある、家の形のフック。

楽器を片付けた後、湿ったスワブを楽器ケースにしまうのが嫌なので、いつもここに吊るして干しています。

このフック、以前100均(ダイソー)で買ったものなのですが、今日ふと書かれてる英字を読んでみたら

“WIND OF PROVENCE” と書いてありました。

「プロヴァンス」って聞いたことあるけど、なんだっけ・・・と、Googleで「プロヴァンス」と入力したら、出てきたのは「プロヴァンスの風」



フックに書かれている「WIND OF PROVENCE」とこの曲は、全く無関係であると思われますが(笑)

スペイン風の曲なので、プロヴァンスはスペインの地名なのかと思ったら、違いました。

マーチ「プロヴァンスの風」(プロヴァンスのかぜ、March "Wind of Provence")は、田坂直樹が作曲した行進曲。
作曲者は、スペイン風の音楽から始まることについて、風はスペインから始まりトリオでプロヴァンスに行ってまたスペインに戻ってくる、という趣旨のことを述べている。
Appassionato、4/4拍子、♩=132ca.、ニ短調〜変イ長調(トリオ)。
(Wikipediaより)




provence.jpg

プロヴァンスというのは南フランス地方のことで、料理でも「プロヴァンス風」という言葉があります。

にんにく・トマト・オリーブオイルなどを使った料理のことをそう呼ぶらしいです。

代表的なのが、「プロバンス風オムレツ」

美味しそう。
provence2.jpg


景色も料理も魅力的なプロヴァンス、いつか行ってみたいです…♪


ウィズ・ハート・アンド・ヴォイスが2種類あった!

ギリングハム作品の中でも特に人気の高い曲、ウィズ・ハート・アンド・ヴォイス

この楽譜、実は新旧2種類の版があることに今日気がつきました!

と言っても、大きな違いではなくほぼ同じ楽譜ですが。


クラの2ndを例に比べてみると、こんな違いがあります。


タイトルの字体の違い
withheart2.jpg
withheart.jpg


アーティキュレーションの書き方の違い
withheart6.jpg
withheart7.jpg


div.の追加
withheart12.jpg
withheart11.jpg


強弱の違い
withheart10.jpg
withheart8.jpg


練習番号の表記
withheart4.jpg
withheart3.jpg


レイアウトの違い
withheart9.jpg
withheart5.jpg

旧版は各ページの終わりに休みの小節がなくて、とても譜めくりに困る譜面だったのですが、それが改善されています\(^^)/

が、今度演奏会でウィズハートをやることになり、配られたのは旧版の譜面。

クラの3rdだけ原譜がないというので、たまたま私の手元にあった3rdの楽譜を寄付したのですが、それは新版の譜面でした。(ということに後になって気づいた 笑)


新旧混じっていても大きな問題はなさそうですが、こういうことにならないように、原譜はなくさないように注意しなければなりませんね(^^;)



全曲知ってる人は昭和生まれ?【ジャパグラ小林亜星】


先日とある初見合奏で、ニューサウンズの『ジャパニーズ・グラフィティXX 小林亜星作品集』を吹きました。

あの曲もこの曲も、小林亜星さんの作品だったのね!という発見と共に、知らない曲もちらほら・・・。

そもそも小林亜星さんがどんな人なのか見たことがなくて、ネットで検索してみたら想像してた顔とだいぶ違ってびっくりしました(笑)


小林亜星作品集の収録曲は以下の9曲。
全部歌えますか?

あなたとコンビにファミリーマート
どこまでも行こう
魔法使いサリー
ひみつのアッコちゃん
にんげんっていいな
この木なんの木
北の宿から
セキスイハウスの唄
パッ!とさいでりあ


tree.jpg


「この木なんの木」は子供の頃すごく好きだったCMなのですが、久しぶりに見たら今のCMは昔とだいぶ変わっていました(._.)

調べてみたところ、現在流れている日立のCMは9代目。

私の記憶に刻まれているのは7代目のCMでした。

YouTubeに歴代のCM集があったので聴いていたら、途中で「あれ!」っと思いました。

初代から6代目まではAdurなのに、7代目で突然Gdurになります。
1音下がるので、ちょっと落ち着く感じ。

9代目になるとHdurになって、なんとも現代風な感じがします。


ちなみに、CMに登場する「日立の樹」はハワイのオアフ島にある「モンキーポッド」という木ですが、初代CMにモンキーポッドは登場しません。

初代CMの映像は木のアニメーションで、それを見た作詞家の伊藤アキラさんが「この木は、なんという木ですか?」「どんな木なのですか?」「どこにあるのですか?」などと質問しますが、実在しない木なので、スタッフは「わかりません」「知りません」と返すばかりでした。
そのときのやり取りから、「この木なんの木」の詞が生まれたのだそうです。


3代目〜5代目CMには、ロサンゼルスやシンガポールにある別の木の映像が使われています。



日立はモンキーポッドの維持費に年間5000万払っているとか、いないとか・・・

そんなことにも思いを馳せながら、演奏したいと思います。笑